スポンサードリンク

2010年06月05日

赤西仁不在のKAT-TUNが確実に変化を遂げている!

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
訪問ついでにこちらもクリックお願いします
exclamation×2
1日1回よろしくexclamation×2

赤西仁不在のKAT-TUNが確実に変化を遂げている!






にほんブログ村 芸能一般情報endKAT-TUNを応援するexclamation×2クリックお願いします演劇


にほんブログ村 芸能一般情報endクラブ通いの赤西仁を応援される方はコチラをクリックexclamation×2



クラブ遊び三昧......という生活を送る赤西仁を尻目に、全国10カ所を巡るアリーナツアーを順調に重ねているKAT-TUNカラオケわーい(嬉しい顔)


6月27日のインテックス大阪でいったん千秋楽を迎え、7月16日からはKis-My-Ft2メンバーを伴った『WORLD BIG TOUR』が東京ドームを皮切りにスタートする予定です。カラオケ


そんな中、初のワールドツアーにおけるファン対象の「ソウル&台北 公式ツアー」の詳細が明らかに。飛行機


ツアーを企画している「株式会社トラベル日本」の資料によると、ソウル、台北ともに4日間の日程で、旅行代金はひとり15万7,000円と一見高くも思えますが、


公演と公演の間には「KAT-TUNとのつどい」の時間が用意されているみたいで、申込みは殺到しそうです。ハートたち(複数ハート)がく〜(落胆した顔)


デビュー前から人気絶頂だったKAT-TUNは、これまでそうした機会を持たずに来ていたいたので、ファンにとっては嬉しい限りだと思います。ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)


これまでファンとの交流的なものを一番イヤがっていた赤西仁が抜けた事でファンとの集いが実現するワケで、他のメンバーのファンにとっては嬉しい限りですよハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)


赤西仁が抜けた事で、グループ結成以降、今が最もKAT-TUNのメンバーの結束が固いのかもしれません。


こうしたKAT-TUNの方向転換に賛否両論あると思いますが、赤西仁不在のKAT-TUNが確実に変化を遂げていることだけは間違いないですね。わーい(嬉しい顔)


●ランキングサイトに参加していますexclamation×2ポッチット押してねわーい(嬉しい顔)
↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能一般情報end



★KAT-TUN “NO MORE PAIИ”<初回限定盤>CD+DVD(2010/6/16)★
end


渡米後すぐに帰国してクラブ遊び三昧......という生活を送る赤西仁を尻目に、全国10カ所を巡るアリーナツアーを順調に重ねている5人のKAT-TUN


6月27日のインテックス大阪でいったん千秋楽を迎え、7月16日からはKis-My-Ft2メンバーを伴った『WORLD BIG TOUR』が東京ドームを皮切りにスタートする予定だ。


そんな中、初のワールドツアーにおけるファン対象の「ソウル&台北 公式ツアー」の詳細が明らかに。


ツアーを企画している「株式会社トラベル日本」の資料によると、ソウル、台北ともに4日間の日程で、旅行代金はひとり15万7,000円。


「普通に現地へ渡り、2回コンサートに参加したとしてもだいたい7〜8万円くらいでしょうね」(旅行会社関係者)とのことで、一見高くも思えるが、公演と公演の間には「KAT-TUNとのつどい」の時間が用意されているとあって、申込みは殺到しそうだ。


V6しかり、しかり、こうした公式ツアーで"ファンとのつどい"の時間が取られるのはそれほど珍しいことではないのですが、KAT-TUNとしてこうしたイベントが行なわれるのは初めてですから、ファンが興奮するのも当然かもしれませんね。


同年代の関ジャニ∞はもちろん、大先輩のSMAPTOKIOV6なども、デビューの際や、何かの節目には『握手会』の開催など、ファンと触れ合う機会を作ってきた。


しかしデビュー前から人気絶頂だったKAT-TUNは、これまでそうした機会を持たずに来ていたんです」(ジャニーズ通)


ちなみに、現在アルバム&シングル購入者への連動企画として"KAT-TUN 2010 Summer Premium"(特別イベント)も予定されているが、今回のコンサートのMCなどでメンバーの口から「お客さんを交えてのイベントになる」「握手会かも?」との言葉も漏れ聞こえているようで、どうやら何らかの"触れ合い"の時間となる模様。


「一部の関係者によれば、これまでファンとの交流的なものを一番イヤがっていたのが赤西だったそう。彼はこれまでヤラカシなどから相当イヤな目に遭ってますからね。
でもそんな彼が抜けたことでこうしたファンとの集いが実現するワケで、他のメンバーのファンにとっては嬉しい限りですよ」(同)


とはいえ、こうしたKAT-TUNの方向転換に「人気の急落に焦ったKAT-TUNがとうとうファンに媚び始めた」「何を起こすか分からない異端児っぽいところがKAT-TUNの魅力だったのに、最近のKAT-TUNはちょっとさわやかアイドルすぎてつまらない」と見る向きもある。


良くも悪くも、赤西不在のKAT-TUNが確実に変化を遂げていることだけは間違いなさそうだ。


(引用:サイゾーウーマン)


●ランキングサイトに参加していますexclamation×2ポッチット押してねわーい(嬉しい顔)
↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能一般情報end


拝聴ありがとうございました。

また、きてくれるかなexclamation&questionわーい(嬉しい顔)

まってるよ。手(パー)



★KAT-TUN “NO MORE PAIИ”<初回限定盤>CD+DVD(2010/6/16)★
end


ドラマのぞきめブログ情報局トップヘendend
スポンサードリンク
posted by 心音 at 08:20 | 芸能エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。